Pocket

相場師朗さんのうねり取りが評判いいのか?

 

相場師朗さんが、うねり取りというトレード手法で大きく利益を出しているとのこと。ラジオ日経の株塾などで評判になっているうねり取りについて調べて見ました。

 

うねり取りは好評判の伝統的投資手法!

 

  「うねり取り」という言葉は、数々の相場関連書籍を発売されていて多くのファンをもつ故 林輝太郎先生の書籍で有名な投資手法です。 たしか、『うねり取り入門』という書籍が発売されていて、私自身は20代のころ(もう20年前の遠い昔ですが、、、)に読んだ記憶があります。

 

林輝太郎先生の『うねり取り入門』で紹介されていたうねり取り手法は、3ヶ月ごとの株価の上下の波動(すなわちうねり)を買いとカラ売りを使って収益化していくという概念的なもの。

 

「いますぐ儲かる手法を知りたーーい」 と思っていた当時の私は、なんかよくわからないなぁと感じて、書籍を一読してうねり取りを断念したのでありました。

 

そんなわけで、相場師朗さんのうねり取りの評判がいいらしいという話を聞いたときも、

 

「あぁ、うねり取りね。そんなの使えないよっ」

 

と軽くスルーしようと思いました。でも、、、、

 

相場師朗さんのセミナーをちょっと聞いてみたら、ガゼン興味が湧いてしまいました。 相場師朗さんは、実際に現在もトレードをなさっている本物のプロで、うねり取り手法を自分自身の手で開発されたそうです。

 

また、相場師朗さんご自身がトレードで利益を上げるだけでなく、彼のお弟子さんたちもうねり取りを身につけて億単位で資金を増やしているらしい。

 

ネット上の評判をみても、相場師朗さんの悪い評判は出て来ませんでしたし、なんといってもラジオNIKKEIという日経新聞がバックの番組に怪しい人物が登場するはずもありませんよね。

 

というわけで、相場師朗さんのうねり取りについて、トコトン調べてみようと思い立ったのです。

 

うねり取りって?そもそも何?

 

うねり取りというのは、株価の波をイメージしているわけですが、言葉の響きはなんだか神秘的ですよね。うねり取りについてよくよく思い出してみると、『うねり取り入門』という書籍以外にも、『あなたも株のプロになれる』という評判のよい書籍も発売されていて、過去に購入して読んだことがあったのを思い出しました。

 

『あなたも株のプロになれる』は、仕事中の事故によって片足をなくした著者の立花氏が、パイオニアのうねり取りだけで生計を立てるようになるまでを綴った株式投資成功本です。たった一銘柄のうねり取りによる株取引だけで5億円もの資産を築き上げたとのことですが、当時の5億円は今にすると10億円以上に相当するそうで相場師朗さんに匹敵する実績を上げている偉大な先人といえましょう。

 

しかし、上級トレーダーに評判の高い『あなたも株のプロになれる』ですが、研究論文のような堅苦しい内容で読み手を選ぶのが難点といえます。私も難解な内容で十分理解が進まなかったことを記憶しています。

 

書籍からは離れますが、古くは江戸時代に日本で発達したコメの先物相場においても、偉大な相場師がこぞって活用したのがうねり取りだったとか。コメなどの穀物相場は収穫のサイクルによって季節的な上下動を繰り返しますから、うねり取りという波を利益に変えるための手法が発達したのでしょう。

 

相場師朗さんによれば、一つ、もしくは2~3の銘柄の値動きを追い追い続けてうねり取りを繰り返すことで、多くの門下生の方々も億単位の利益を上げることができているとのこと。 相場は「当てもの」ではなく、「技術」で利益を積み上げていくのがうねり取りということですから、「勝つための技術」を習得することができたら、それこそ雪だるま式に資産が増えていくのでしょうね。

 

うねり取りの現実とは一体どんな取引なの?

 

FXにしても株式にしても、買ったり負けたりを繰り返すトレードをしていると、仮に安定した勝率を誇る手法であったとしても、連敗が続いてしまい精神的にめげてしまうことってあります。

 

統計学的に正しい手法であったとしても、人間の心は弱いもの。機械のように常に正確に間違いなくトレードすることは、実際はカンタンではありませんよね。

 

一方、相場の上げ下げを大きく狙っていくうねり取りは、数ヶ月単位の相場の流れにポジションを上手に乗せるようなイメージでトレードをしていきます。とっさの判断を必要とする取引ではありませんから、じっくり考えてトレードすることが可能ですから短期トレードに比べてミスや心理バイアスによる損失が起こりにくい手法です。

 

うねり取りをマスターする方法

 

うねり取りの手法を完全にマスタしている相場師朗さんのトレード講座をチェックしてみましたが、結構大きなロットでトレードをしていて、ドーンと数百万から数千万円の利益を上げていく様子が事細かに紹介されています。

 

過去のチャートを使った検証なので、後講釈という部分が全く無いかというと微妙ですが、相場師朗さんは、 うねり取りの練習を繰り返すことで、誰でもうねり取りで成功することできる、 と声高に主張しています。

 

 

うねり取りの習得方法は、まずは相場師朗さんの動画講座をチェックして、あとはひたすら練習を繰り返す必要があるとのこと。

 

相場師朗さんのうねり取りのノウハウでは、林輝太郎先生や立花先生のおっしゃられているような「株価チャートを手書きで作る」ということはする必要ありません。

 

検証用の株価チャート表示ソフトを使って、気になる銘柄について10年分くらいの値動きを検証して、デモトレードで安定した利益が出せるようになったらしめたもの。

 

あとは、少額からうねり取りによるトレードをスタートすればよいでしょう。   でも、現実は・・・というと、このトレードの練習が面倒臭くて、多くの人が挫折してしまうわけなんですよね。 相場師朗さんの「株は技術」というのが本当だとしたら、もしこの面倒臭い練習さえクリアすることができれば、うねり取りで大きく相場で儲けることができる日も近いということなのでしょうね。

 

練習さえできれば成功する??

 

トレードの勉強は一生懸命やっているけど、なかなか大きな利益を上げていくことが出来ないのは、そもそも株価の動きと建玉操作の仕方が身についていない可能性が高いです。相場師朗さんは、チャートソフトを使ったデモトレードで建玉の操作を身に付けることを真っ先に取り組むべきだとおっしゃっています。

 

うねり取りの練習には、ある評判の良いチャートソフトの利用が欠かせないのですが、詳しいやり方についてはこちらをご覧ください!

 

>>うねり取りの練習法のご案内

Pocket