Pocket

うねり取りの分割売買には、多額の資金が必要?

 

うねり取りは、建玉を何枚も重ねるのが特徴で、「買い」を入れる場合でも何回かに分けて建玉をしていきます。分割売買ということで無料動画などでもじっくりと説明されています。

 

「買いたいときに買いたいだけ買う、建てられるだけ建てる」

 

というのはリスクが高いですし、建玉の操作によるリスクヘッジもできません。分割売買のやり方がまだよくわからないという場合は、こちらの動画でしっかりと復習してみてくださいね。

 

 

 

こちらの無料動画では、前半では局面の分析方法、20分から建玉の操作について詳しく説明していただいています。

 

相場師朗さんの教材等で推奨されている建玉の方法は、「1ー1ー2」「1ー2ー3」などがあります。もし、あなたが、1単元の株式を買うのに30万円かかる株を選んでしまうと、「1ー2ー3」で計6000株を買うとなると最低180万円の資金が必要な計算となります。

 

これだと、うねり取りを進めるためには、かなりの資金が必要になることを懸念される向きもあるかもしれません。

 

少額で投資できるうねり取り銘柄群があるんです!!

 

うねり取りは、一定の条件を満たしてれば、どんな銘柄を選んでも問題なく取り組むことができます。

 

具体的には、JPX400という日本を代表する400銘柄を東京証券取引所がお墨付きを与えた優良銘柄群から選んでおけば間違いがありません。

 

じっくりとうねり取りの分割売買に取り組んでもそれほど資金が必要とならないよう、JPX400に採用されている優良銘柄の中から小資金でトレードができる銘柄をいくつかピックアップしてみました。

 

3万円以下で買える銘柄

 

三井住友建設(1821) 東1
みずほフィナンシャルグループ(8411) 東1
オリエントコーポレーション(8585) 東1
ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765) 東1
双日(2768) 東1

 

5万円以下で買える銘柄

 

USEN(4842) JASDAQ
セブン銀行(8410) 東1
カブドットコム証券(8703) 東1
北洋銀行(8524) 東1
ヤフー(4689) 東1
いちごグループホールディングス(2337) 東1
りそなホールディングス(8308) 東1
日本水産(1332) 東1
VTホールディングス(7593) 東1
三菱UFJリース(8593) 東1
野村ホールディングス(8604) 東1
群馬銀行(8334) 東1
コンコルディア・フィナンシャルグループ(7186) 東1

 

 

7万円以下で買える銘柄

 

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616) 東1
丸紅(8002) 東1
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 東1
八十二銀行(8359) 東1
東急不動産ホールディングス(3289) 東1
三菱ケミカルホールディングス(4188) 東1
安藤・間(1719) 東1
グリー(3632) 東1
ルネサスエレクトロニクス(6723) 東1
九州フィナンシャルグループ(7180) 東1
タカラレーベン(8897) 東1
レオパレス21(8848) 東1
名村造船所(7014) 東1

 

10万円以下で買える銘柄

 

国際石油開発帝石(1605) 東1
リコー(7752) 東1
三和ホールディングス(5929) 東1
タダノ(6395) 東1
エヌ・ティ・ティ都市開発(8933) 東1
ミネベア(6479) 東1
長谷工コーポレーション(1808) 東1
ヒューリック(3003) 東1
東レ(3402) 東1
クックパッド(2193) 東1
東急建設(1720) 東1
日本発条(5991) 東1
大林組(1802) 東1

 

 

10万円から始めるうねり取り

 

例えば、ヤフー(4689)  を例に取りますと、最小取引単位が100株ですので、約400円の株を100株買い付けるために必要な資金は約4万円となります。

 

仮に分割売買により、6単位=600株を買い付けた場合には24万円の資金で十分ということになります。(信用口座があれば、3倍の買い付けが可能となりますので、24万円の株式を買い付けるのに必要な資金は8万円程度になります。)

 

最も少額で取引が可能なのが、三井住友建設(1821)です。なんとこの株は最低取引単位の100株を買い付けるのに必要な資金は約1万円です。分割売買で何度も買い下がったとしても10万円あればうねり取りを行うことは可能です。

 

このように、上手に銘柄選択をすれば少ない資金でも堂々とうねり取りを行うことができますね。

 

上記の銘柄群をぜひ参考にしていただいて、うねり取りの実践を重ねて億の資産構築を目指してコツコツと進んでいきましょう!!

 

(本記事作成時点の最新の株価データを使用してます。株価の変動により、必要資金が変化する可能性がある点はご了承ください。)

Pocket