相場師朗 本の評判は上々かもしれないが・・・
Pocket

相場師朗さんの本は「読むに値する」と高評価

ラジオNIKKEIなどで活躍中の相場師朗さんが「株は技術だ!」という本を出版されました。

アマゾンで出版社からのコメントを見ることができますが、株は技術だ!は日本一硬派な株式投資の本だと胸を張っておられますね。

 

そんな、「株は技術だ!」の目次は以下のとおりです。

 

序章  株の世界の「職人」
第 1章 株価は「上げ下げ」を繰り返す
第 2章 すべてはチャートに表れる
第 3章 「下落」で利益を取る
第 4章 株価の動きは「予測」できる
第 5章 「相場流」投資の二大要諦
第 6章 株価の流れを読む 実践編
第 7章 建玉の操作1
第 8章 建玉の操作2
第 9章 5つのトレード練習法
第10章 いざ本番!
第11章 「職人」を目指す決意
終章 株の修行に終わりはない

普段のセミナーや動画講座で相場師朗さんが仰っていることが、まさにそのまま本になったと感じるのは私だけではないはず。

 

冒頭(序章)にあるように、投資家たるもの、職人さんのようにチャートの読み方を日々研究し、徹底的に研鑽することで莫大な利益を稼ぎだすべし、という相場師朗さんの硬派な指導がウリ文句。

 

うねり取りの真髄がついに書籍化された

 

と言っても過言ではないでしょう。

アマゾンのレビューもなかなかの高評価というのも頷けます。

 

批判的なレビューに隠された真実とは?

 

「株は技術だ!」は買って損はない本だということは断言できますが、それでも相場師朗さんの本に対しては、批判的なレビューを書いている人がいることも事実。

 

「株は技術だ!」で星5つをつけなかった方、つまり星3つとか(少数派ではありますが)星1つの意見を読んでみると、

 

「うねり取りは昔からある手法だ」

 

という批判がありました。

 

昔からある手法と最近できた手法とでは、どちらが有効なのか?今一度考えてみるという姿勢は大事かもしれませんが、投資家の心理に基づいた優位性のある手法という視点からは、昔からある手法のほうが有効な手法と考えるべきだと思います。

 

昔からある手法だからダメ、というのは投資の本質を理解していない人なのでしょう。次から次への新しい投資手法を追い続ける「青い鳥症候群」では未来永劫勝てるようにはなりませんよね。

 

批判の意味がわかりませんが、まぁやっかみなのかなんなのか?そんな感想を持つ人がいるのは残念です。

 

本質的な批判としては、

 

「本の内容だけで勝てるようにはならない」

「ノウハウの説明が十分ではない」

 

という意見が多いです。こうした批判に対して相場師朗さんはどう答えるのでしょう?

 

実は、本の中に答えがあるのですが、、、、答えはこちら

 

 

Pocket