うねり取り 習得に相場ゼミは必須?
Pocket

うねり取り 習得に相場ゼミは必須でしょうか?

 

トランプか?ヒラリーか?とシーソーのように
白熱するアメリカ大統領選挙が続いています。

現時点でどちらが勝つか予想はとても難しい状況ですが、
どちらが勝っても株式市場にはデメリットと言われてます。

保守化政策が、経済を縮小させるとか・・・(´・ω・`)

アメリカの中央銀行であるFRBが金利引き上げに動くのは
大統領選挙後の12月が有力とも言われています。

大統領選挙を終えてアメリカの株式市場が下がるとなると、
日本の市場はどのように動いていくんでしょうね??

  ・

  ・

  ・

  ・

上げ相場でも、下げ相場でも、利益を狙っていけるうねり取りは、
今後の株式市場では必須の技術となりそうですよね。

さて、うねり取りを短期集中で学ぶことができる相場ゼミですが、
わざわざ相場ゼミで学ぶ必要があるのでしょうか?

読者さんから、こんなご質問をいただきました。

 

相場ゼミで習う「トレード技術」とは?

相場ゼミではチャートリーディングの基本を徹底的に学びます。

チャートリーディングを身につけてくると

「あーなったら、こーなる」

という株式相場のくせがわかってくるようになるんですよね。

これまで、株を買った途端に値下がりしてしまったという
イタイ経験をしたことが一度くらいはあるかと思いますが、
チャートリーディングがわかってくると失敗は激減します。

チャートリーディングを身に付けた上で、
いよいよ「うねり取り」と「ショットガン投資法」を学びます。

セミナーとその動画、また補講や先生のトレード記録など、
充実した教材を復習することで基本を習得できます。

相場先生はうねり取りの指導方法の改良にも熱心で、
ここ1年でずいぶんわかりやすくなったと言われています。

例えば、売買の基準となる移動平均線が3本から5本に増え、
より局面を細かく分析することで、判断が明確になってきました。

相場ゼミ1期、2期の経験と反省を踏まえて用意された
3期の開催ということで、今から始めるのが実は有利だったりします。。

 

ショットガン投資法は必要か?

うねり取りだけで十分な利益を得られるはずなのに、
「ショットガン投資法は余計では?」
と思われた方もいらっしゃいました。

でも、ショットガン投資法は、ムダではありません。

ショットガン投資法は、うねり取りの基本をベースにした
1日~数日の短期トレード専用の手法です。

毎日400銘柄のチャートをチェックして
勝ちやすいチャートパターンを探し出すことで
毎日のように株式投資で利益を上げられる手法です。

うねり取りをマスタするのを早める効果があるので、
相場ゼミの学習期間中は、練習したほうがよいと思います。

 

 

その一方で、「毎日400銘柄のチャートをチェックする」のは、

実際のところ困難を伴います。

挫折する原因にも成りかねませんので、無理は禁物です。

あくまでも自分のペースを守れる範囲内で
じっくりと取り組んでいくのが続けるコツですから。

ちなみに8月に開催された「ショットガン投資法集中セミナー」。
丸一日の講座でしたが、価格は約15万円でした(゚∀゚)

 

(これからすると、相場ゼミの参加費はお得感がありますね!)

 

 

相場ゼミの最大のメリットは、仲間づくり!

人間というのは、本当に弱い生き物です。

ダイエットや禁煙に何度も失敗するのも、その弱さゆえ。
結局、たった独りでなにかを続けるというのは難しいのです。

ただ、ライバルや仲間がいて、誰かが観ててくれたら、
きっと違った結果になると思いませんか?

部活動や受験勉強など、辛いとき苦しいときも、
仲間と支え合ったからこそ続けることができたことがあるはずです。

株の練習にしても、まったく同じことが言えます。

相場ゼミに参加すると、過去のチャートを使っての
うねり取りの練習が宿題として課せられます。

もちろん、宿題をやらなかったとしても、
怒られたり立たされたりはしませんが、

「同じ志を持つ仲間もやっているんだ」と思うと
自然とやる気や負けん気が生まれてくるもの。

「今日は眠いからやめよう」という弱い心が顔を出したとき、

「いやいや、あの人もやってるはずだから、1回だけ練習をやろう!」

というように行動が変わることもあるかもしれません。

これが、独りじゃなくて、仲間とともに戦う大きなメリットです。

こういうちょっとした行動の積み重ね。

 

この僅かな違いがトレード技術の差になっていき、
後に成功と失敗を分ける要因にもなるのです。

 

 

「株の仲間づくり」は東京・大阪のセミナー会場に
出かけて行くのが一番ですが、地方や海外にいたとしても
Facebookなどで交流することもできますから、心配不要です。

技術の指導と仲間づくり、相場ゼミが3期まで継続していて
いまなお人気の講座となっているのはこのあたりに成功の秘訣が
隠されているからだと思っています。

 

なお、相場ゼミの募集は、10月26日まで。期間限定の募集です。

早めに内容をチェックし、検討してくださいね。

 

>>相場ゼミ 3期の詳細をチェック<<

Pocket