株式投資トレンド研究所 脱サラ・専業トレーダーの株式投資攻略法を限定公開中

株式投資トレンド研究所 脱サラ・専業トレーダーの株式投資攻略法を限定公開中

株トレードをもっと簡単に!チャート・トレード手法等も検証していきます!

うねり取り練習ツール「うねりとれ~る」無料プレゼント中!
 

記事一覧

チャートギャラリー 試用版(無料版)と有料版の違いは?

チャートギャラリー 試用版(無料版)と有料版の違いは?

チャートギャラリーが快適に動く秘密

 

チャートギャラリーは、投資教育業界の草分け的な存在とも言えるパンローリング社が開発・販売している株価チャート表示ツールです。

 

チャートギャラリーには試用版(無料版)が用意されています。チャートギャラリーに試用版があるのは、パソコンの環境によっては利用できないケースがあることから、

 

インストールできるかどうか、試してみてから購入を!

 

という親心で試用版(無料版)が用意されているんです。
その昔、、、、、

 

パソコンによってOSの仕様がマチマチということもあり、

 

NECのパソコンではインストールできたけど、富士通では動かない

 

とか

 

デスクトップは動いたけどノートパソコンではうまくいかない

 

みたいなトラブルがけっこう多かったんですよね・・
なので、チャートギャラリーでは試用版が用意されていて、とりあえず無料で動かしてみることができるようになっているんだと思われます。

 

老舗のチャートならではの特徴ではないでしょうか^_^
そんな昔ながらの株価チャートソフトであるチャートギャラリーは、ネット証券系のツールに比べて動作が軽快でまったくストレスなく利用できるのが嬉しい。

 

(なにしろ、昔のパソコンはいまと比べてスペックが圧倒的に貧弱でした)
そんな低スペックのパソコンでもサクサクとチャートが快適に動作するように作られているチャートギャラリー。最近のパソコン上で動かしたら、そりゃもうメチャンコ速く表示されるのは当然のことですよね。
また、昔はネットの常時接続なんてあり得ませんでしたよね。(モデムでピーピーガーガーいいながら、やっとの思いで繋いでいたころが妙に懐かしかったりします^^;)

 

なので、チャートギャラリーは19時頃に最新の株価データを取得する時しか、ネットに接続する必要がありません。
ウェブ経由でデータをやりとりするネット証券系のツールに比べて、圧倒的なスピードでチャートが表示できるウラにはこんな秘密があったのです。
うねり取りを教える相場師朗さんの相場ゼミでも、チャートギャラリーが標準チャートツールとして採用されているのも頷けます。
ちょっと話がそれてしまいましたが、そんな超軽快、超快適な株価チャートソフトですから、ぜひ無料版で一度試してみてみるといいですよ~

 

チャートギャラリーのレビュー&購入特典

 

 

試用版があるんだからずっと無料で使いたい!

チャートギャラリーの試用版を使ってみると確かに使い軽くて使いやすい。なんならずっと、チャートギャラリー スタンダードを購入しないで、ずっと試用版を使っていたい!!という衝動に駆られる気持ちも分からないではないですね。
では、試用版(無料版)と有料のスタンダード版との違いをみていきましょう。
まず、一番大きな違いは、試用版では直近の株価チャートが見られないことです。また、有料版では過去30年分のチャートを見ることができるのに対し、試用版では約10年までしか遡ることができません。

うねり取りの練習など過去のチャートをもっぱら利用するのであれば、試用版のままでも全く問題はないと言えるでしょう。

「まだ練習段階なんで、直近のチャートは不要です」

という使い方もOKということですね。
相場ゼミでは、みずほ銀行のうねり取り練習が課題として出されていますが、チャートギャラリー試用版でも10年分は遡って練習をすることができます。
「銘柄を決めて、うねり取りの技術を磨く」

という目的であれば、無料の試用版を使い続けるというのもアリです!!

じゃ、チャートギャラリーの有料版は不要なの?
ずっと無料で練習ができるなら、有料のチャートギャラリー スタンダードは購入しなくてもよいのでは?という声も聞こえて競うですが・・・^^;
確かに練習だけに使うのであれば、試用版(無料版)を使い続けてもいいでしょう。直近のチャートは、それこそ証券会社のチャートソフトでいつでもチェックできますからね。

 

しかーーし!

幾つもの株価チャートを、銘柄を切り替えながら眺めていく場合には、無料版では対応できません。

 

そう、そんな使い方が必要になるのは、ショットガン投資法ですね。
ショットガン投資法は、毎日JPX400構成銘柄からチャンスを見つけ出す手法なので、チャートギャラリーのようにサクサクとチャートが表示されるチャートが必需品となります。
慣れてくると1銘柄2秒くらいでパッパッと眺めていくことができるようになりますので、仮に400銘柄をすべてチェックしたとしても15分もかからずに出来てしまうことになりますね。
つまり、チャートギャラリー スタンダードを購入することで、最新株価チャートが素早くチェックできて大きく時間を節約することができるようになるのです。

 

「時は金なり」

 

言うまでもありませんが私達の時間には限りがあります。時間を有効活用できるツールに多少のお金を払うのはためらうべきではないと思うのですが、あなたはどう思われますでしょうか?
ショットガン投資法に限らず、チャートギャラリーは株好きにはたまらない、マニアックな分析もしっかりできるチャートソフトです。

 

試用版(無料版)だけでなく有料版を活用して、もっともっと株式投資を楽しく楽にして、ガンガン儲けていこうではありませんか!!

 

チャートギャラリーのレビュー&購入特典

相場ゼミ 高い!と思ったら奨学金特典を

相場ゼミ 高い!と思ったら奨学金特典を

相場ゼミ 3期は高いがそれだけの価値がある?

 

先週水曜日の午後、東京は中野区の自宅でのこと。

 

パソコンでうねりとれーるを開きながら、うねり取りの研究をしながらパソコン画面をぼおぉぉっーーーと眺めてたら、突然画面が消えて大パニックに!!

 

「最近、不調だったパソコンがついに壊れたか・・・」

 

と思いきや、ちょっと様子が変。

家中の照明器具や換気扇、そしてブレーカーまでチェック、「これは停電だ」ということが判明しました。

 

埼玉県で起こった電線火災による停電だったということで、数分後には復旧しホッと一安心したしなとらでした。

 

(一応、パソコンは無事。不調は相変わらずです、、、爆)

 

私の自宅は炊飯器のタイマーが止まったくらいで済みましたが、西武線は長時間ストップするわ、街中の信号は消えるわで、てんやわんや。

一部の首都機能がマヒしていたことをテレビで知りました。

 

老朽化日本は財政破綻へまっしぐら

35年以上使われている地下の電線からの出火だそうで、

 

「なんでそんな古いもの、いつまでも使っているんだ~」

 

と東京電力への非難の声も上がってましたね。

 

 

この社会インフラの老朽化は、なにも東電に限りません。日本各地の公共施設、橋、高速道路、鉄道などなど。ありとあらゆるインフラが老朽化してかなりキケンな状態なのです。

 

数年前には中央高速道路の笹子トンネルの天井が落下して、通行中の乗用車が押し潰される大惨事が起きたことは記憶に新しいところです。

 

すでに1000兆円を超える国債に返済のあてはありませんが社会保障費だけでなく社会インフラの整備の費用負担も今後さらに日本の財政を圧迫することになるでしょう。

年金破綻、国家財政破綻が遠くない気がするのは私だけでしょうか?!

(ではないと思いますが、、、、)

この国で将来不安なく人生を送れるようなるためには、やっぱり株式投資をしっかり身につけておくべし!!ですよね~

 

毎日株価は上下の動きを繰り返しているわけですから、そこから収益を上げられる技術、スキルがあればこんなに心強い味方はありません。

 

うねり取りを学ぶなら「今でしょ!」

 

株式市場は逃げませんが、

「そのうちいつか・・・」

 

と思っているとチャンスを逃します。やる気マンマンの今こそ、トレード技術をしっかり身に付け、レベルアップのチャンスをぜひものにしていきましょう。

さて、いよいよ10月26日までで相場ゼミの最終募集は終わってしまいますが、相場ゼミの参加を迷っている方からはこういった悩みを伺っています。

●相場ゼミの受講料が支払えない

●受講料を払ってしまうと、トレード資金がなくなる

●塩漬け銘柄があって、身動きがとれない

  ・・

  ・・
 
  ・・

うーーん、そうですよねぇ。

 

相場ゼミはやっぱり高いと感じてしまうんですよねぇ。

 

もともと資金が豊富であったり、法人で資産運用をしているなら、相場ゼミの参加費が高いと思わないで、ポーンと出せるかもしれません。

ですが、これから資金を増やしていく個人トレーダーにはややハードルが高いということも言えると思います。

 

相場ゼミが高いからと非難するとかそういう意図はありません。

 

相場ゼミにも膨大な運営コストがかかっているはずですし、やる気の感じられないチャラチャラした受講生がいるとゼミの雰囲気もだらしなくなったりします。

ただ、「ハードルが高い」のは事実!
これ間違いありません!!

 

だからこそ、当ブログの読者さまには、受講料を実質無料にして負担なく参加していただけるよう私から奨学金の特典をご用意させていただいています。

 

実質無料で相場ゼミが受講できる特典、そしてその他の特典も合わせてこちらのページでご紹介しているのでぜひチェックしてくださいね。

 

>>相場ゼミ3期が実質無料で参加できる特典をチェック<<

 

相場ゼミ3期 貧困の連鎖なんてクソくらえ!

相場ゼミ3期 貧困の連鎖なんてクソくらえ!

相場ゼミ3期の特典再開します

 

相場ゼミ3期最終募集がスタート、10月26日までの最終募集になっているようですが、相場ゼミの特典紹介ページはもうご覧いただいているでしょうか?

 

相場ゼミの過去の参加者さんのように毎月400万円ほど株で稼げるようになると、ご家族へのプレゼントのお金の工面に頭を悩ますことになるかもしれませんよ。

 

株式投資のうねり取りで、毎月400万円以上の利益が上がってきたとき、お子さん、もしくはお孫さんへのプレゼントは何が一番いいでしょうか?

好きなおもちゃや美味しい食事もいいと思いますが、私は「しっかりした教育」をプレゼントしたいですね。

 

子供の時分、我が家はそれほど裕福ではないことをうすうす感じていた私は、

「受験勉強のための学習塾に通いたい」

ということを親に言い出すことが出来ませんでした。

当時はいまほど受験戦争や格差が激しくなく、どうにか大きなハンディを背負うことはなかったのですが、いまだったら大きな挫折を味わっていたかもしれません。

親の貧困が子供に連鎖する

 

こんな研究結果が出ているそうですよね。親が貧しくて子供に十分な教育を受けさせられないと、子供も貧困に苦しむ確率が格段に上がってしまいます。

(逆に、医者の子供は高い確率で医者になってますよね。。)

世の中のすべての貧困問題を解決する力はありませんが、せめて身近な家族には、余計な苦労をさせたくはありません。

教育というのは勉強に限ったことではありません。

 

一人ひとりの個性に合った教育を受けることが大事。音楽やスポーツも、専門家から指導を受けることで格段に才能が伸びることは常識です。

ぜひ、ご家族へのプレゼントの一つとして
「しっかりした教育」を検討してみてくださいね。

相場ゼミで株式投資で利益を無限に生み出す術を身につけて悠々自適の成功者を目指すか?

 

それとも

 

今のまま株価に一喜一憂する不安な生活を続けるか?

すべてはあなたの決断にかかっています。

 

相場ゼミは全額返金保証がついていることに加え、私からの30万円の資金が得られる奨学金特典などのスペシャル特典つけております。

 

当ブログの特典は、相場ゼミ3期の募集が終了するまでお渡しいたしますので、ぜひチェックして決断の一助としてください。

 

 

>>相場ゼミ3期が実質無料で参加できる特典をチェック<<

 

 

うねり取り 習得に相場ゼミは必須?

うねり取り 習得に相場ゼミは必須?

うねり取り 習得に相場ゼミは必須でしょうか?

 

トランプか?ヒラリーか?とシーソーのように
白熱するアメリカ大統領選挙が続いています。

現時点でどちらが勝つか予想はとても難しい状況ですが、
どちらが勝っても株式市場にはデメリットと言われてます。

保守化政策が、経済を縮小させるとか・・・(´・ω・`)

アメリカの中央銀行であるFRBが金利引き上げに動くのは
大統領選挙後の12月が有力とも言われています。

大統領選挙を終えてアメリカの株式市場が下がるとなると、
日本の市場はどのように動いていくんでしょうね??

  ・

  ・

  ・

  ・

上げ相場でも、下げ相場でも、利益を狙っていけるうねり取りは、
今後の株式市場では必須の技術となりそうですよね。

さて、うねり取りを短期集中で学ぶことができる相場ゼミですが、
わざわざ相場ゼミで学ぶ必要があるのでしょうか?

読者さんから、こんなご質問をいただきました。

 

相場ゼミで習う「トレード技術」とは?

相場ゼミではチャートリーディングの基本を徹底的に学びます。

チャートリーディングを身につけてくると

「あーなったら、こーなる」

という株式相場のくせがわかってくるようになるんですよね。

これまで、株を買った途端に値下がりしてしまったという
イタイ経験をしたことが一度くらいはあるかと思いますが、
チャートリーディングがわかってくると失敗は激減します。

チャートリーディングを身に付けた上で、
いよいよ「うねり取り」と「ショットガン投資法」を学びます。

セミナーとその動画、また補講や先生のトレード記録など、
充実した教材を復習することで基本を習得できます。

相場先生はうねり取りの指導方法の改良にも熱心で、
ここ1年でずいぶんわかりやすくなったと言われています。

例えば、売買の基準となる移動平均線が3本から5本に増え、
より局面を細かく分析することで、判断が明確になってきました。

相場ゼミ1期、2期の経験と反省を踏まえて用意された
3期の開催ということで、今から始めるのが実は有利だったりします。。

 

ショットガン投資法は必要か?

うねり取りだけで十分な利益を得られるはずなのに、
「ショットガン投資法は余計では?」
と思われた方もいらっしゃいました。

でも、ショットガン投資法は、ムダではありません。

ショットガン投資法は、うねり取りの基本をベースにした
1日~数日の短期トレード専用の手法です。

毎日400銘柄のチャートをチェックして
勝ちやすいチャートパターンを探し出すことで
毎日のように株式投資で利益を上げられる手法です。

うねり取りをマスタするのを早める効果があるので、
相場ゼミの学習期間中は、練習したほうがよいと思います。

 

 

その一方で、「毎日400銘柄のチャートをチェックする」のは、

実際のところ困難を伴います。

挫折する原因にも成りかねませんので、無理は禁物です。

あくまでも自分のペースを守れる範囲内で
じっくりと取り組んでいくのが続けるコツですから。

ちなみに8月に開催された「ショットガン投資法集中セミナー」。
丸一日の講座でしたが、価格は約15万円でした(゚∀゚)

 

(これからすると、相場ゼミの参加費はお得感がありますね!)

 

 

相場ゼミの最大のメリットは、仲間づくり!

人間というのは、本当に弱い生き物です。

ダイエットや禁煙に何度も失敗するのも、その弱さゆえ。
結局、たった独りでなにかを続けるというのは難しいのです。

ただ、ライバルや仲間がいて、誰かが観ててくれたら、
きっと違った結果になると思いませんか?

部活動や受験勉強など、辛いとき苦しいときも、
仲間と支え合ったからこそ続けることができたことがあるはずです。

株の練習にしても、まったく同じことが言えます。

相場ゼミに参加すると、過去のチャートを使っての
うねり取りの練習が宿題として課せられます。

もちろん、宿題をやらなかったとしても、
怒られたり立たされたりはしませんが、

「同じ志を持つ仲間もやっているんだ」と思うと
自然とやる気や負けん気が生まれてくるもの。

「今日は眠いからやめよう」という弱い心が顔を出したとき、

「いやいや、あの人もやってるはずだから、1回だけ練習をやろう!」

というように行動が変わることもあるかもしれません。

これが、独りじゃなくて、仲間とともに戦う大きなメリットです。

こういうちょっとした行動の積み重ね。

 

この僅かな違いがトレード技術の差になっていき、
後に成功と失敗を分ける要因にもなるのです。

 

 

「株の仲間づくり」は東京・大阪のセミナー会場に
出かけて行くのが一番ですが、地方や海外にいたとしても
Facebookなどで交流することもできますから、心配不要です。

技術の指導と仲間づくり、相場ゼミが3期まで継続していて
いまなお人気の講座となっているのはこのあたりに成功の秘訣が
隠されているからだと思っています。

 

なお、相場ゼミの募集は、10月26日まで。期間限定の募集です。

早めに内容をチェックし、検討してくださいね。

 

>>相場ゼミ 3期の詳細をチェック<<

うねり取り練習ツール「うねりとれ~る」無料プレゼント中!