カテゴリー:ヤフーファイナンス活用術の記事一覧

株式投資の始め方 | 京大卒元経理部長がゼロから教えるトレード攻略法

なぜいくら勉強しても株式投資で勝てないのか?京大卒元経理部長が、初心者でも失敗しない株式投資の始め方を徹底解説。「これを知らずにトレードすると損する」お役立ち情報を含めた攻略法をお伝えします。

  • ヤフーファイナンス活用術
カテゴリー:ヤフーファイナンス活用術
関連銘柄の探し方 テーマ株を検索するより簡単!ヤフーファイナンスと株探の活用術
関連銘柄の探し方 テーマ株を検索するより簡単!ヤフーファイナンスと株探の活用術

テーマ株を簡単にみつけて人気株に乗っていこう!

株式投資には企業のファンダメンタルズ(業績や財務諸表)分析よりも、チャート分析のほうが有用なことが多いです。

 

また、株式投資の勉強を始めたばかりの人が、PERとかROEとか、ちょっと馴染みのない単語ばかりを目にして株式投資が嫌になってしまうのは非常に残念だと思っています。

 

というわけで、当ブログではチャート分析から投資を考えるスタンスを採っているわけですが、ファンダメンタルズを全く無視するのも勿体ないです。

 

今回は、上がっている銘柄や人気化しているテーマ株を見つけたら、関連する銘柄を見つけ出して、さらなる有望銘柄とか出遅れ銘柄にチャンスを見出すための超カンタンなテクニックをご紹介しましょう!

 

テーマ株はヤフーファイナンスが一番!

 

いきなり結論ですが、テーマ株を見つけ出すには、ヤフーファイナンスをチェック!!

ヤフーファイナンスのどこを見たらテーマ株の関連銘柄がみつかるのか、動画解説を作りましたので、ぜひご覧くださいね。

 

 

 

ヤフーファイナンスのアプリが意外と便利なんですね^^

 

動画の中でも説明していますが、ヤフーファイナンスのアプリが便利なので、ぜひダウンロードしてみてください。

 

画面右にメニューが並んでいますが、上から5つ目の「関連銘柄」というところを押していただけると、この図のように関連する銘柄がずらずらと表示されてきます。

 

     

 

今回の動画では、半導体関連銘柄としてアドバンテストを取り上げて、そこから関連銘柄を探し出してみたわけです。

 

アドバンテストに注目している人がよく見ている銘柄が表示されてきますので、ほぼすべてが半導体関連の銘柄で締められていることが確認できますよね。

 

半導体関連銘柄に限らず、「自動運転関連銘柄」とか「IoT関連銘柄」とか「有機EL関連銘柄」とか「IR(カジノ)関連銘柄」とか「FA関連銘柄」とか、さまざまなテーマ株があって右肩上がりの値上がりを続ける銘柄がたくさん出現しています。

 

テーマにもよりますけれど、一度大きく取り上げられると長くテーマとして取り扱われることが多いです。

 

すると、中心銘柄・主力銘柄が最初に買われ、その後で2番手、3番手、それからやや関連の薄い銘柄へと物色の鉾先が向かっていくことになります。

 

物色の広がりは、一気に広がるパターンが多いので、出遅れ銘柄を買って順番が来るまでジッと待つのが一つの考え方となります。

 

機敏な立ち回りができる人なら、パッパと銘柄を乗り換えていくようなこともできるかもしれませんが、そうした投資スタイルは目指すべきではありません。

 

テーマのリーダー的な銘柄を見つけて、トレンドが続く限り乗っていくというのが、最も効率的に利益を上げられるやり方だと思っています。

 

 

ヤフーファイナンスの関連銘柄の注意点

 

ヤフーファイナンスの「関連銘柄」は、同じテーマの銘柄を見つけるのに本当に便利なのですが、必ずしも同業他社が出ていくるわけではないことに注意が必要です。

 

利用者の検索行動の結果から関連性が高いと判定しているだけなので、IPO(新規上場)銘柄をチェックすると、関連銘柄にはIPO銘柄ばかりが表示されてきます。

 

また、仕手株をみると似たような動きを仕手株がゾロゾロと表示されるんです。

 

なので、ヤフーファイナンスの関連銘柄を見る際には、ある程度、企業のことや業界の予備知識があったほうがいいと思います。

 

 

株探で本格的にテーマ株・関連銘柄をチェック!

よりテーマ株を極めたいなら、株探というサイトを使ってみましょう。

 

動画でも紹介していますが、どんなテーマが人気になっているのかがすぐに分かりますし、そのテーマの銘柄も幅広く紹介されているので本格的なテーマ株の調査には本当に役立つサイトですよ。

 

株探(Kabutan)

 

 

 

でも、株探にも欠点があるんです。

 

それは、本格的にテーマ株が紹介されすぎていて、どの銘柄が関連銘柄として物色の対象になるのかが絞りきれないという点です。

 

そうすると、関連性の高さを別途チェックする必要がでてきて、個別銘柄の調査をしないといけないみたいな、、、、ちょっと遠回りをする羽目になってしまいます。

 

勿論、本格的な銘柄調査ができる時間的な余裕があれば問題ありません。

 

でも、そもそもは、手っ取り早く関連銘柄を見つけ出すのが今回の狙いだったわけで、手間をかけてしまっては意味がないんですよね。

 

というわけで、今回の結論ですが、やっぱり

 

ヤフーファイナンスの関連銘柄を徹底的に活用しましょう!

 

という事になります。アプリでも見られるわけなので、ちょっと空いた時間に眺めてみるだけで、銘柄についての知識がついてくるはずです。

 

ぜひ、ヤフーファイナンスの関連銘柄を使って、テーマ株に乗る投資をマスターしてくださいね。

ヤフーファイナンス掲示板の見方

ヤフーファイナンスの掲示板は日本有数の株式掲示板です。有数というか、おそらく日本一のアクセス数を集めているものと思われます。

ヤフーファイナンス掲示板にはさまざまな人が書き込みをしていて、大小さまざまなイザコザもあって面白いのですが、うっかりすると時間をムダに費やしてしまうことになります。

そこで私は、ヤフーファイナンス掲示板のチェック項目を決めた上で、効率的に情報収集するよう心がけています。

ヤフーファイナンス掲示板のチェックポイント

・材料株の材料そのものに関する情報

・外国の大手機関投資家の手口に関する情報

特にモルガンやドイツ銀行は、材料株をカラ売りしまくって大儲け?しているそうなので。

・日本の証券会社のレーティングに関する情報

あくまで参考程度。

あまり見ないことにしている情報

・他の銘柄に関する情報

だいたい宣伝なんですよねぇ。

・書き込み者の成功談などの自慢ネタ

「すごい人だ!!」と思うような投稿も多々あるのですが、真偽は不明なのでスルー(笑

・チャートに関する分析

チャートの見方がまったくわからないわけでもないので、他人の分析は信用せず自分でチェックすることに。

・株価の水準に関する分析

「高すぎるから売りだ~」「安すぎるから買いだ~」という類の投稿ですね。
売り煽り、買い煽りと呼ばれていますが、不利な状況にある自分のポジションを救いたいだけじゃないかと思われる書き込みばかりで、もちろん意味などありません。

株価水準うんぬんではなく、チャートでトレンドを把握するべきだと私は考えます。

・投資顧問の宣伝

これは本当にムダ。一時期ハマっていくつかちぇっくした上に、投資顧問の契約をしたこともありますが、ロクなもんじゃありません。

暇つぶしでみてみるのもいいかもしれませんが、善良なる投資家さんは近づかなほうが得策ですよぉ。

・喧嘩、誹謗、中傷etc.

改めて説明の必要もないでしょうが、まぁ、掲示板ではこの手の投稿が多いこと・・・(苦笑
リアルのトラブルに巻き込まれる可能性はほとんどないと思われますが、発言から個人を特定することができるともあるということですから絶対に関わらないようにしてます。

ヤフーファイナンス掲示板に書き込みすること自体、時間のムダでしかないと思ってます。

こんな風に書いてみると、ほとんどがムダな情報だとも言えるわけですが、、、、

たまに、有用な情報が埋もれていることもありますので、軽くチェックするのが良いでしょうね。

ヤフーファイナンス掲示板を見やすく整理して表示するツールもありますので、そうしたツールを導入して掲示板チェックを効率的に行いたいものです。