株式投資の始め方 | 京大卒元経理部長がゼロから教えるトレード攻略法

株式投資の始め方 | 京大卒元経理部長がゼロから教えるトレード攻略法

なぜいくら勉強しても株式投資で勝てないのか?京大卒元経理部長が、初心者でも失敗しない株式投資の始め方を徹底解説。「これを知らずにトレードすると損する」お役立ち情報を含めた攻略法をお伝えします。

うねり取り練習ツール「うねりとれ~る」無料プレゼント中!
 
記事一覧

相場チャート(aiba chart)価格は高い?うねり取り練習に最適だけど機能過剰かも

相場チャート(aiba chart)価格は高い?うねり取り練習に最適だけど機能過剰かも

相場師朗先生が開発された相場チャート(aiba chart)。

 

ご自身の名前を冠したチャートだけに並々ならぬ自信が伺えますが、、、
相場チャートの実力はどうなんでしょうか?

 

相場チャートは、うねり取りの練習ソフト以上!

相場師朗先生が開発した相場チャートは、うねり取りの練習が手軽にできるソフトです。

私自身もうねり取り練習の損益計算には苦労していましたので、こうしたソフトは必要だと思っています。

当ブログでは、うねりとれーるというエクセルベースの練習用ソフトを公開・配布していますので、ぜひダウンロードしてご活用してください。

 

»»うねりとれ~る配布ページへ««

 

さて、その相場チャートですが、うねり取りの練習が手軽にできるのはいいのですが、月額課金制というのが難点かもしれません。

 

デイトレ用の分足が表示されるのはメリットかもしれませんが、それだけだったら証券会社のツールのほうが使いやすいのではないかと思ってしまいます。

 

以前は、相場師朗さんの相場ゼミでは、チャートギャラリーという買い切りのチャートソフトを推奨されていたんですけどね。

 

月額課金型の高額ソフトを提供するようになったのはちょっと残念ではあります。

 

相場チャートは含み損益の表示に難か?

 

当ブログで配布しているうねりとれーるでは、うねり取りの建て玉操作中の含み損益と実現損益の両方が算出される仕組みとしています。

 

相場チャートは、チャート画面をポチポチとクリックするだけで建玉操作ができます。

 

ですが、画面を切り替えないと損益がわかりません。

 

 

チャートで建玉の操作を練習できるのはよいのですが、損益を確認するためにタブを切り替えないといけないのはイマイチだと思うのは私だけでしょうか?

 

ということで、相場チャートが実装している含み損益の確認は、やや手間取りそうにも思えますが、これは想像なのでこれ以上のコメントは避けたいと思います。

 

相場チャートは月額6,000円の価値あり?

 

月額課金型のチャートソフトはいくつもありますが、チャートギャラリーなら買い切り型なのでランニングコストはかかりません。うねり取りの練習をメインとするだけならば、相場チャートほどの高機能ソフトは不要です。

 

チャートグループをいくつも表示したり、デイトレ用の分足チャートを見たりするなら、導入の価値はあるかもしれません。

 

ただ、デイトレ銘柄を監視するのであれば、証券会社が提供している無料のチャートソフトでもいい気がしますね。

 

チャートギャラリーが優れている点は、過去30分の日足まで遡って見られることと、動作がキビキビしていて気持ちがいいということでした。

 

この辺りは、相場チャートとチャートギャラリーは機能的にほぼ互角と言えます

 

あとは、うねり取りの練習を相場チャートで行うのか、それともうねりとれーるで行うのか、という違いをどう考えるのかということになります。

 

»»買い切り型「チャートギャラリー」をチェック««

 

 

相場チャートのコンテンツには期待大!

 

相場チャートでは利用者に向けて相場師朗さんのトレードノウハウを提供することを約束してくれています。

 

月額6,000円の相場チャートでどこまでノウハウを公開してくれるのかは未知数ではありますが、提供されるノウハウにはショットガン投資法も含まれているらしいです。

 

うねり取りと違って、ショットガン投資法は相場師朗さんのオリジナル手法ですから、他では絶対に学ぶことができない貴重な投資手法。

 

そのノウハウが相場チャートを利用しながら学べるなら、随分とお得な気もしますが果たしてどの程度ノウハウが公開されているんでしょうね。

 

 

自分で言うのもアレですが、私が制作してお配りしているうねりとれ~るは、単なるエクセルシートなので、相場チャートの充実した練習機能とは比べるまでもありません。

 

ただ、うねりとれ~るの良さは、無料で誰でも利用できることです。機能拡張して有料化するということは全く念頭にないんですよね。

 

 

というわけで、憧れの相場チャート(aiba chart)の動向には、密かに注目していきたいと思います。

 

 

イールドカーブコントロールとは?わかりやすく説明します

イールドカーブコントロールが目玉だが・・・

日銀が2016年9月21日の金融政策決定会合で決定した新しい金融緩和政策。

その名も、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」というらしいですが、これまで実施してきた「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」から何がどう変わったのでしょう。

イールドカーブというのは、短期金利から長期金利までを期間別にグラフにしたものです。

 

将来の金利のほうが高くなるので、通常は右肩上がりの曲線になっています。つまりこの曲線がイールドカーブということになります。

 

(なお、説明が前後しましたが、イールドというのが金利の意味です。)

 

このイールドカーブを日銀が調節(コントロール)して、短期金利と長期金利の差を一定に保つことで、金融緩和効果を継続しようとするものです。

長期金利が上がらないことで、企業や個人の投資意欲を刺激して、景気の回復(下支え?)を意図しているわけです。

 

イールドカーブコントロールの意味はお分かりいただけましたでしょうか。

 

イールドカーブコントロールの問題点

このイールドカーブコントロールの問題点は、経済学の常識では長期金利は中央銀行がコントロールすることはできないとされていることです。

 

実際のオペレーションとしては、日銀の保有する長期国債を売却したり、日銀が市中の長期国債を購入したりしてイールドカーブコントロールを行うことが想定されます。

 

「そんなに都合よく取引が成立するのか?」という点に疑問が残りますよね。

日銀の黒田総裁が、経済学の常識に挑戦するといえば聞こえはいいですが、もはや常識はずれの奇手・奇策でしか乗り切れないほど追い込まれているというのが実状なんだろうなぁ、、って思ってます。

 

イールドカーブコントロールに失敗したらどうなる?

日銀の新しい政策「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」がもし失敗した場合には、いったい何が起きるのでしょうか?

 

イールドカーブコントロールを云々する以前に、日銀がこれまで支えていた株高のミニバブルが弾けてしまうことが十分考えられます。

すでに、日経225型のETFを日銀が買いすぎてしまったことから、日経平均株価の下支えが難しくなってきています。

 

TOPIX型のETFの購入にシフトしているということですが、TOPIXは東証1部の時価総額をベースとする株価指数なので、日経平均のように簡単には操作できません。

 

日経平均株価がしばらく下値を模索することは十分想定しておく必要があります。

 

 

で、肝心のイールドカーブコントロールの失敗については、長期的には株式市場だけでなく為替市場へも大きな影響を及ぼすことが確実ですが、リスク回避による円高になるのか、あるいは日本国債への信頼が剥げ落ちて「日本売り」の悪い円安になるのか、現時点では想像もつきません。

 

ここのところの日銀の政策は、将来への不安を募らせるばかり、と思えるのは私だけでしょうか(苦笑

 

 

とりあえず、個人トレーダーなので、「想像できないことは考えない」ようにしています。下手な考え休むに似たり、ですね!

 

目先のチャートを使ってしっかりとリスクを管理した上で、チャートの示す方向にしっかりとポジションを乗せていく単純作業を繰り返すだけですね。

トレードで儲けるには、不安なニュースなんて一切見る必要はないのですが、昔からの悪い癖でついつい経済ニュースをみてしまいます。もっと修行を積んで、チャートだけしか見ないでも稼げるトレーダーに成れるようになりたいものです。

うねりとれ~る バージョンアップ情報

うねりとれ~る バージョンアップ情報

うねりとれ~る バージョンアップしました!

大好評 配布中!のうねりとれ~る またまたバージョンアップとなりました。

 

今回のバージョンアップでは、読者さんからのリクエストにより、

売り玉、買い玉のそれぞれの平均値を表示させる機能を追加しました。

 

詳しくは以下の解説動画にてチェックしてみてくださいね。

 

 

うねりとれ~るでは、平均値でもって決済値の計算を行っています。本来のトレードであれば建玉を指定して決済するので、実際のトレードとは完全には一致することはありません。

 

ただし、すべての建玉を決済した時点での最終的な損益は一致しますので、実用的には問題はないと考えております。

 

(複雑なプログラムを構築する必要がありまして、そこまでは私のパソコンスキルでは対応できないというのがホンネですが、、汗)

 

うねりとれ~る 行数追加&保護解除版へバージョンアップ!

 

2017年5月のバージョンアップでは、行数を108行へと追加した上に、これまでシートに保護をかけていたものを「保護なし」へと変更しました。

 

うねりとれ~るの機能を拡張させたり、プログラムと接続したりという便利な使い方をしたい場合にも活用してくださいね。

 

(エクセルの操作方法についてのご質問にはお答えできませんのでご了承ください。)

 

 

うねりとれ~る バージョンアップ版の受取方法

 

バージョンアップ版(Ver1.6)の受取方法は、ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードリンクを記載していますので、そちらからダウンロードしてください!

 

 

トレードの振り返りにも活用してみてください!

 

 

これまではあまり公にはしていませんでしたが、このうねりとれ~るは、うねり取り以外のトレード手法の練習もできてしまいます。

 

もしくは、トレードの復習(振り返り)にうねりとれ~るを使ってみてもいいです。

 

自分のトレードを後で振り返ってみると、

 

「なんでここでエントリーしたんだろう?」

 

とか

 

「ここで、もう少し利益を伸ばすことができたかも・・・」

 

ということも冷静に判断することができますから^^

 

 

うねりとれ~るの良いところは、リスクなく株トレードの練習ができること

 

スポーツや習い事と同様に、株も経験を積めば積むほど上達することができます。

 

ですが、多くの負け組投資家さんは十分な経験を積む前に大きな損失を出してしまい、市場から退出することを余儀なくされてしまっています。

 

 

そんなことにならなよう、うねりとれ~るで経験を積んで、株トレードの実力を高めていただきたいと思っています。

 

読者様に遅れを取らないよう私も日々練習を重ねて、一日も早くうねり取りでウン千万の利益を出せるように成りたいと思います。

 

 

ぜひ一緒にがんばっていきましょうね!!

うねりとれ~るの使い方解説

うねりとれ~るの使い方解説

うねりとれ~るの使い方を解説します

 

うねり取りの練習補助ツール「うねりとれ~る」の配布を開始しましたが、多くの方にご請求いただきとても嬉しく思っております。

 

 

うねりとれ~るの使い方を説明した動画を作成しましたので、多少なりとも参考になれば幸いです。

 

 

利用法のポイントは、建玉操作を行ったあとの建玉の状態を記録していく点です。

 

「0-1」から2単位買い増しした場合には、「0ー3」と入力してください。

 

1-2-3と3回の分割売買を行った場合には、

 

「0-0」⇒「0-1」⇒「0-3」⇒「0-6」

 

のように建玉が変化していくこととなります。この場合の入力は下図のとおり。

 

input01

 

動画で説明したものは、あくまでもうねりとれ~るの使用方法の説明ということですので、うねり取りというレベルではないトレードですが、私自身も練習を重ねて本格的なうねり取りができるよう技術を向上させていきたいと思っています。

 

やっぱり練習が第一です!

 

相場師朗さんのセミナーや教材がたくさん出回っています。うねり取りが学べる環境としても相場ゼミ(株塾)、7step株式投資メソッド、「株は技術だ!」などがありますが、どういう手段で取り組むにしても欠かすことができないが練習ですよね。

 

相場ゼミのコメント欄を見ていると、せっかく株塾や相場ゼミに入ったのに途中で断念されている方がおられるようで、本当にもったいないことです。

 

初心を忘れず、うねりとれ~るの利用者様とともに成長していけたらいいなぁ、と思っています。

 

>>うねりとれ~るの入手方法はこちらから<<

うねり取り練習ツール「うねりとれ~る」無料プレゼント中!