株式投資トレンド研究所 脱サラ・専業トレーダーの株式投資攻略法を限定公開中

株式投資トレンド研究所 脱サラ・専業トレーダーの株式投資攻略法を限定公開中

株トレードをもっと簡単に!チャート・トレード手法等も検証していきます!

うねり取り練習ツール「うねりとれ~る」無料プレゼント中!
 

記事一覧

ストップ注文(逆指値)の発注方法をメガネスーパーで解説してみました

ストップ注文(逆指値)の発注方法をメガネスーパーで解説してみました

ストップ注文(逆指値注文)とは?

 

ストップ注文とは、株価がある価格まで値下がりした時に、

売り決済注文を出すことができる注文方法です。

 

逆指値注文という言葉もありますが、ストップ注文と同じ意味ですね。

 

 

株を買っているとした場合、

 

「◯◯円まで値上がりしたら利益確定の売り注文を出す」

 

というのが指値注文なのですが、

 

下がった時に自動的に売られる注文が、指値の反対ということで逆指値

 

ということになります。

 

買いから入った場合には、現在の株価よりも上にあるのが指値、

現在の株価よりも下にあるのが逆指値(ストップ)注文です。

 

カブドットコム証券やマネックス証券など、多くのネット証券では

この逆指値注文が標準搭載されていますので使い方をぜひマスターしましょう!

 

逆指値注文のやり方を動画で解説

 

3318メガネスーパーでちょうど利が乗ってきましたので、

逆指値注文のやり方を解説してみましたので、チェックしてみてくださいね~

 

 

勿論、メガネスーパー株がここから更に大きな上昇すると予想している前提です。

 

 

 

動画解説の日(1/17)に、メガネスーパーに調整が入りまして、

安値79円にタッチしていました。

 

株価が79円を付けたら、成り行きウリ

 

という設定をしていましたので、79円で逆指値注文が発動してすべて決済となります。

 

 

動画を撮影した時点では、「79円でウリ」に違和感を持った方もいるかもしれませんが、4日後のメガネスーパーの株価は73円まで下落してしまいました。

 

 

ここまで下がってしまうと、79円がやたら高く見えてしまいます^^;

 

含み損を抱えてしまうと精神的に辛くなりますし、「勝ち組養成セミナー」で説明しているようなリスク管理をしていないと一発退場の懸念もあります。

 

 

逆指値注文を置いてリスクを管理する、または、値下がりしても十分耐えられるロット数に抑えてリスクを管理する。

 

リスク管理の方法は、別の機会に具体的に解説していく予定です。

 

 

逆指値注文とストップロス注文は同じ

 

逆指値注文と似た、ストップロス注文という言葉があります。

(ストップロスオーダーは、ストップロス注文と意味は同じです)

 

発注方法自体は、すべて同じで、

 

逆指値注文 = ストップ注文 = ストップロス注文

 

ですが、次のような使い分けをします。

 

利益が出る場合

 

反対売買した株価が利益が出る場合には、ストップロス注文とは呼びません。

ですので、利益が出る場合には逆指値注文 または ストップ注文となります。

 

損失が出る場合

 

反対売買した株価が損が出る位置にある場合には、ストップロス注文と呼びます。

もちろん逆指値注文、ストップ注文と呼んでも差し支えありません。

 

 

あまり違いを意識して使い分ける必要はないのですが、証券会社によって呼び名が異なることがありますので、「いざ発注!」というときに混乱しないようにあえて詳しく説明してみました。

 

 

ストップ注文(逆指値注文)は勝ち組への第一歩

 

株式投資で勝ち組になるためには、リスクをコントロール出来ていないといけません。

 

逆指値注文を使ってリスクを許容範囲に抑えていくことができれば、あとは勝てる時に大きく勝つだけで資金が増えていきますよね。

 

このあたりの詳しい説明は、以下の動画で行っていますので、お時間がある時にじっくり観ていただければ嬉しく思います。

 

 

株式投資の基礎知識 勝ち組養成セミナー

株式投資の基礎知識 勝ち組養成セミナー

株式投資でなかなか勝てない悩みを解消するセミナー

 

うねりとれ~るで、うねり取りの練習をしてもなかなかうまくいかない・・・

 

そんな悩みを抱えるかかえる利用者さんがいらっしゃいましたので、

株式投資の基礎的な考え方を解説したセミナー動画を作成しました。

 

以前に私が都内 某所で開催した有料セミナーの動画を再構成したものです。

 

 

(セミナー映像そのものを無料で公開することは、

参加者様の手前もあり難しいことはご理解願います。)

 

 

このセミナーは、「勝ち組投資家になるための3箇条」というテーマで、

メンタル面や資金管理などのトレードの基礎的な部分をじっくり説明しています。

 

 

「今すぐ儲かる手法を知りたいんですが・・」

 

というご希望には残念ながらお応えできません。

 

 

でも、このセミナーを観ていただくことで、トレードの組み立て方がわかります。

 

なので、トレード手法を探し回るのではなく、

 

あなた自身の手でトレード手法を生み出すことができる!

 

ようになります。

 

 

株式投資を行う上では、トレードをする上で自分に合ったトレード手法を

見つけ出すことは最大の課題と言っても過言ではありませんよね。

 

トレードの組み立てをしっかり理解していただき、

ぜひ勝ち組投資家への第一歩を踏み出してくださいね。

 

 

「うねり取りの前に」というタイトルを付けている通り、

特にうねり取りに限定した内容ではありません。

 

うねり取りに限らず、一般的なトレード手法に当てはめて考えていただけると

非常にわかりやすい内容となっていると思いますのでぜひ確認してみてください。

 

後編の視聴方法のご案内

 

勝ち組養成セミナーの後編は、こちらからうねりとれ~るをご請求いただきますと、

特典として視聴リンクをご案内させていただいております。

 

うねりとれ~ると勝ち組養成セミナーをセットで手に入れていただき、

巷にあふれる怪しい投資情報に振り回されない株式投資の軸を

しっかりと確立していただければ幸いです。

 

 

ショットガン投資法のノウハウ流出動画発見!

ショットガン投資法 ノウハウ動画発見!

 

昨日たまたまYouTubeを眺めていたところで、
たまたま相場師朗先生の動画がアップされてるのに気がつきました。

 

トレードステーションというシステムトレード用ソフトの
説明をされている動画なのですが、
相場師朗先生のトレード手法と言うことで
相場師朗さんの様々なトレードルールが紹介されていました。

 

 

「株は技術だ!」としか書いてなかったので、
当然にうねり取りかと思ったのですが、
よくよく観てみるとそうではありませんでした。

 

 

もちろん
「株価は上げ下げを繰り返す」

と言う基本的なチャートの性質を解説されています。

 

そして5本の移動平均線を設定してチャートを読むのも同じ。
でも、手法事態は、うねり取りとは異なるものでした。

 

 

相場師朗さんのド短期手法といえば・・

 

しかし、5日移動平均線と20日移動平均線の傾きから、
急上昇(または急下降)する銘柄を抽出する手法は
うねり取りではないとすぐにわかりました。

 

 

同じ流れの説明で相場師朗先生が毎日400銘柄のチャートを
チェックしていると言うことをおっしゃっていたので、
すぐにピンときました。

この手法こそショットガン投資法じゃないのか?

と思ったわけですね。

 

この動画で紹介されているのは、ショットガン投資法の
全てを網羅してはいないかもしれません。

 

でも、ショットガン投資法で利用されているエントリータイミングの1つ、
しかもかなり有用性の高い手法という事は間違いなさそうです。

 

 

ショットガン投資法のノウハウが無料流出していると言っても良いでしょう。

 

 

ショットガン投資法が有効なタイミング到来か?

この動画はトランプ大統領が当選したタイミングで、
トランプノミクスは織り込まれていません。
しかし、2016年11月9日のアメリカ大統領選挙以降、

相場環境がガラッと変わりました。
ドナルド・トランプ氏が次期大統領に当選してから、
トランプノミクスへの期待から株高が進んでいます。

 

トランプ大統領の政策として、アメリカ経済を再生させるための
大規模な公共投資を行うことが期待されているわけですね。

 

アメリカ本国へ資金を還流させるための法案を通すことも公約に上がっています。

 

 

ドル高になり、そしてアメリカ景気が急激に回復するという
トランプ氏の目指すシナリオも真実味を帯びてきました。

 

トランプバブルがやってくるーーー!

 

 

という説も今では無視できないシナリオになっています。

 

トランプノミクスに関しては勉強中で、
いずれブログで詳しく紹介したいと思っています。
今の時点で考えなければいけない事は、
トランプバブルに乗るための方法があるかないかで、
投資成績が大きく左右される可能性がある点です。
もし、トランプバブルがやってきて、アベノミクス初期のような
息の長い上昇局面が来るとすれば、

ショットガン投資法でエントリーできるタイミングは毎日のように出現するはず。

 

 

あなたがトランプバブルの可能性を感じるならば、
絶対にこの動画をチェックしてくださいね。

 

 

そして、多くの相場ゼミ生たちも日々利用している
チャートギャラリーの導入も欠かせません。

 

ショットガン投資法を行うために毎日400銘柄をサクッと30分で
チェックできるチャートギャラリーはマジ便利ですよ。

 

相場チャート(aiba chart)価格は高い?うねり取り練習に最適だけど機能過剰かも

相場チャート(aiba chart)価格は高い?うねり取り練習に最適だけど機能過剰かも

相場師朗先生が開発された相場チャート(aiba chart)。

 

ご自身の名前を冠したチャートだけに並々ならぬ自信が伺えますが、、、
相場チャートの実力はどうなんでしょうか?

 

相場チャートは、うねり取りの練習ソフト以上!

相場師朗先生が開発した相場チャートは、うねり取りの練習が手軽にできるソフトです。

私自身もうねり取り練習の損益計算には苦労していましたので、こうしたソフトは必要だと思っています。

当ブログでは、うねりとれーるというエクセルベースの練習用ソフトを公開・配布していますので、ぜひダウンロードしてご活用してください。

 

»»うねりとれ~る配布ページへ««

 

さて、その相場チャートですが、うねり取りの練習が手軽にできるのはいいのですが、月額課金制というのが難点かもしれません。

 

デイトレ用の分足が表示されるのはメリットかもしれませんが、それだけだったら証券会社のツールのほうが使いやすいのではないかと思ってしまいます。

 

以前は、相場師朗さんの相場ゼミでは、チャートギャラリーという買い切りのチャートソフトを推奨されていたんですけどね。

 

月額課金型の高額ソフトを提供するようになったのはちょっと残念ではあります。

 

相場チャートは含み損益の表示に難か?

 

当ブログで配布しているうねりとれーるでは、うねり取りの建て玉操作中の含み損益と実現損益の両方が算出される仕組みとしています。

 

相場チャートは、チャート画面をポチポチとクリックするだけで建玉操作ができます。

 

ですが、画面を切り替えないと損益がわかりません。

 

 

チャートで建玉の操作を練習できるのはよいのですが、損益を確認するためにタブを切り替えないといけないのはイマイチだと思うのは私だけでしょうか?

 

ということで、相場チャートが実装している含み損益の確認は、やや手間取りそうにも思えますが、これは想像なのでこれ以上のコメントは避けたいと思います。

 

相場チャートは月額6,000円の価値あり?

 

月額課金型のチャートソフトはいくつもありますが、チャートギャラリーなら買い切り型なのでランニングコストはかかりません。うねり取りの練習をメインとするだけならば、相場チャートほどの高機能ソフトは不要です。

 

チャートグループをいくつも表示したり、デイトレ用の分足チャートを見たりするなら、導入の価値はあるかもしれません。

 

ただ、デイトレ銘柄を監視するのであれば、証券会社が提供している無料のチャートソフトでもいい気がしますね。

 

チャートギャラリーが優れている点は、過去30分の日足まで遡って見られることと、動作がキビキビしていて気持ちがいいということでした。

 

この辺りは、相場チャートとチャートギャラリーは機能的にほぼ互角と言えます

 

あとは、うねり取りの練習を相場チャートで行うのか、それともうねりとれーるで行うのか、という違いをどう考えるのかということになります。

 

»»買い切り型「チャートギャラリー」をチェック««

 

 

相場チャートのコンテンツには期待大!

 

相場チャートでは利用者に向けて相場師朗さんのトレードノウハウを提供することを約束してくれています。

 

月額6,000円の相場チャートでどこまでノウハウを公開してくれるのかは未知数ではありますが、提供されるノウハウにはショットガン投資法も含まれているらしいです。

 

うねり取りと違って、ショットガン投資法は相場師朗さんのオリジナル手法ですから、他では絶対に学ぶことができない貴重な投資手法。

 

そのノウハウが相場チャートを利用しながら学べるなら、随分とお得な気もしますが果たしてどの程度ノウハウが公開されているんでしょうね。

 

 

自分で言うのもアレですが、私が制作してお配りしているうねりとれ~るは、単なるエクセルシートなので、相場チャートの充実した練習機能とは比べるまでもありません。

 

ただ、うねりとれ~るの良さは、無料で誰でも利用できることです。機能拡張して有料化するということは全く念頭にないんですよね。

 

 

というわけで、憧れの相場チャート(aiba chart)の動向には、密かに注目していきたいと思います。

 

 

うねり取り練習ツール「うねりとれ~る」無料プレゼント中!